今大人気の滋養強壮剤をご紹介

徳川家康も飲んでいた?根菜類で性力アップ!

戦国武将の中でも長生きと言われる徳川家康。食べ物が今ほど豊かな時代ではないにもかかわらず73歳の人生をまっとうしました。

 

どこの国でも権力者=性力が強い。と言われていますが、徳川家康も例外ではありません。

 

分かっているだけでも正室2人、側室16人他多数のめかけに16人もの子供を産ませました。

 

では当時はどのような物を食べて性力アップをさせていたのでしょうか?それが漢方薬の「八味地黄丸」と言われています。

 

「八味地黄丸」は現代でも漢方薬としてありますが、「八味丸」「腎気丸」「八味腎気丸」とも呼ばれています。「八味地黄丸」は附子末(ブシ末)、桂皮(ケイヒ)、牡丹皮(ボタンピ)、茯苓(ブクリョウ)、沢瀉(タクシャ)、山薬(サンヤク)、山茱萸(サンシュユ)、地黄(ジオウ)の8種類の生薬からなっています。

 

ここで注目すべき点は、このうち5つが根菜類である植物の根と言う事です。

 

この「八味地黄丸」の素材を元に、手軽にスーパーでも入手できる材料で作るとしたら、ニンジン2品とリンゴ1個をジューサーにかけて作る人参リンゴジュースが良いと思います。

 

お昼ご飯には「とろろソバ」を食べることで「八味地黄丸」に近い食事をとることができるでしょう。

 

人参は根菜類の代表ですので、毎日食べたい食材のひとつです。

300種類から選んだ滋養強壮剤

LOVE SHOT-type L-
”あの子を落とせる”人気商品!今ならセット購入で「女が豹変する魔法の一粒」をプレゼント!!
メンズアップキャンディ
このキャンディを舐めることで、成分が毛細血管を介してダイレクトに注入!全て天然成分なので、強制勃起なしの安心安全成分!