今大人気の滋養強壮剤をご紹介

ツボを押して精力アップ!

古来より人間のツボを押すことは健康に良いとされています。人間の体には無数のツボがあり、体調が悪い時に指圧したり、温めたりすることで人間の本来の持っている力が蘇ってきます。このたくさんあるツボには精力をアップさせると知られるツボもありますので、ご紹介させていただきます。デスクワーク中でも自分でツボを押せる場所もありますので、どうぞご活用ください。

 

精力アップのツボ1
オヘソから真下に約4〜5cmの部分に関元(カンゲン)というツボがあります。ツボを押す時のやり方ですが、
力をいれすぎずに、親指のお腹部分で息をフッーと吐きながら押すと効果的です。これを毎日5〜6回行ってください。

 

精力アップのツボ2
さきほどのご紹介した関元(カンゲン)というツボから1cm程右側と左側の両方にあります。関元(カンゲン)の脇にあるツボは
大赫(ダイカク)と言われています。そこを同じように息を吐きながらやさしく押してください。これを毎日5〜6回行ってください。

 

精力アップのツボ3
左手首の薬指の爪下3mmの部分に三焦経(サンショウケイ)というツボがあります。このツボは押すというよりも
薬指を親指と人差し指で円をやさしく描くように揉みほぐしてください。これを1〜2分やります。

 

精力アップのツボ4
人差し指の爪下約3mm、やや親指よりの場所に商陽(ショウヨウ)と呼ばれる
ツボがあります。このツボは両手にありますので、両方の場所を人差し指と親指で包み込むように
軽くもみほぐしてください。片方ずつ1〜2分を目安にしてやってください。

 

精力アップのツボ5
足の内側のくるぶしから、指4本分程上の骨の部分に三陰交(サンインコウ)と言われるツボがります。
親指で揉みほぐしながらやさしく押してください。毎日1〜2分が目安です。

 

精力アップのツボ6
このツボは背中にありますので、家族や奥さんに押してもらうのが良いでしょう。
オヘソの真裏にあたりに命門(メイモン)というツボがあります。親指でほぐすようにやさしく押します。

 

精力アップのツボ6
こちらも背中のツボです。オヘソの真裏の命門(メイモン)から指2本部はなれた右側にあります。
腎兪(ジンユ)のツボです。親指で押してほぐしてください。人に手伝ってもらうのが良いでしょう。

 

背中以外のツボは自分でも押せますね。このツボ押しは性行為に入る前でも効果がありますので、ぜひ試してみてください。

300種類から選んだ滋養強壮剤

LOVE SHOT-type L-
”あの子を落とせる”人気商品!今ならセット購入で「女が豹変する魔法の一粒」をプレゼント!!
メンズアップキャンディ
このキャンディを舐めることで、成分が毛細血管を介してダイレクトに注入!全て天然成分なので、強制勃起なしの安心安全成分!

関連ページ

中高年になったら朝セックスがいい!
皆さんはセックスは夜にするものと決め付けていませんか?もちろんビジネスマンの方は朝出かけて夜に帰宅するという人も多いと思います。
精力ビンビンの朝セックス!
今、オススメの性行為があります。それはズバリ「朝セックス」です。特にオススメなのが精力が弱くなってきている中高年です。
納豆パワーで精力アップ!
日本人の朝食には必ず出てくる納豆ですが、これが精力アップには欠かせない食品だったのです。
最高年齢のAV男優(67歳)が!アソコを鍛えている方法!
日本には昔から伝わってきた精力アップの方法があります。それが「金冷法」です。
陰茎は使って鍛える!
精力が落ちてきたらついつい精力剤に頼りたくなりますが、一番良い方法はもし、パートナーがいて可能ならば、定期的にエッチをしながら下半身を鍛えていくというのが良い方法です。
中高年のマンネリセックスは道具を取り入れて!
愛し合って結婚したとは言え、10年、20年、30年も夫婦としてひとつ屋根の下で生活していると、
70歳を過ぎても1日1勃起すれば大丈夫!
人間の身体はたいへん良くできています。使わないものは脳が必要ないものと判断してその機能を低下させてしまうのです。